/

この記事は会員限定です

日本型行政システムの欠点(時流地流)

[有料会員限定]

◆新型コロナウイルスによる感染拡大が今も止まらない。事実上の第2波だろう。これまでの対策を振り返ると、特別措置法の不備を指摘する声が多い。例えば自治体による休業要請に事業者が従わなくても罰則規定がない点などだ。「国と自治体の役割分担が曖昧だ」という批判も目立つ。

◆確かにその通りだが、この曖昧さこそが日本の行政システムの最大の特徴なのだろう。教育や福祉、街づくりなど内政上の仕事の多くは自治体が担ってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン