/

世界の感染者1800万人超 インドの新規、米国上回る

(更新)

米ジョンズ・ホプキンス大学が集計した世界の新型コロナウイルスの感染者数が2日、累計で1800万人を超えた。新興国での拡大が深刻で、インドの2日の新規感染者数は5万3000人となり、初めて米国(4万7500人)を上回った。

米東部時間3日午後3時(日本時間4日午前4時)時点では1815万人となった。世界の感染者数は7月29日に1700万人を超えてから4日間で100万人増えたことになる。1600万人から1700万人に達するのにも4日間かかった。1日当たりの新規感染者は7日移動平均でみて26万人で、1カ月前(19万人)と比べ感染ペースは上がっている。

国別の感染者数は最多が米国で469万人、ブラジルが273万人、インドが180万人と続く。ブラジルやペルーでは新たに2万人超の感染が判明した。南アフリカでは新規感染者が8000人超となり、累計でも51万人と5位になった。

累計の死者数は世界で69万人に達した。新規死者数は7日移動平均で6000人近くと高止まりしている。新興国で医療体制の不足が懸念されるインドやブラジル、ペルーの1日あたりの死者数は米国より多い。

米国では7日移動平均で見た新規感染者数が約6万2000人と、7月下旬(約6万7000人)に比べ減少傾向にある。飲食店や小売店の営業を再び制限したカリフォルニア州やテキサス州などではピーク時より新規感染者は減少している。ただ、米国全体で1日あたりの死者数は1100人超と鈍化の兆しがみえず、患者の重症化を防ぐ対策が急務だ。

インドでは感染拡大地域が首都ニューデリーなど大都市から郊外に移り、全体として感染拡大が加速している。製造業が多い南部タミルナド州や人口2億人の北部ウッタルプラデシュ州でそれぞれ1日4000~5000人規模で感染者が増加。東部オディシャ州など農村人口の多い州でも増えている。2日にはシャー内相の感染が明らかになるなど、政治家や著名人にも広がっている。

アジアでもフィリピンが累計で10万人を超え、政府が2日、マニラ首都圏と周辺地域での外出・移動制限措置を4日から厳格化すると発表した。鉄道やバスなど公共交通機関を休止する。移動や経済活動の制限が各国で再び広がれば、7~9月期以降の世界経済の回復に重荷となりそうだ。(ニューヨーク=大島有美子、早川麗)

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン