/

アフガンで刑務所襲撃、29人死亡 ISが犯行声明

【イスラマバード=共同】アフガニスタン東部ジャララバードの刑務所を武装集団が2日、襲撃した。爆発物を積んだ車を入り口付近で爆発させた後、敷地内に侵入。治安部隊との銃撃戦は周辺で3日も続き、AP通信などによると、市民や治安部隊員ら少なくとも29人が死亡、50人が負傷した。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

3日、武装集団による刑務所襲撃現場を警戒するアフガニスタンの治安部隊(同国東部ジャララバード)=ロイター

刑務所の収容者は約1500人とされ、地元当局者は「千人超が逃げようとしたが治安部隊が捕まえた」と話した。ISメンバーも収容されていたとみられる。情報機関の国家保安局は1日、IS幹部を殺害したと発表しており、報復の可能性もある。

ISは2015年、アフガンとパキスタンにまたがる地域を「ホラサン州」として領有すると一方的に宣言。ジャララバードが州都のナンガルハル州は一大拠点だった。

イスラム教の「犠牲祭」の祝日に合わせ、2日まで政府と一時停戦していた反政府武装勢力タリバンは犯行を否定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン