セブン&アイ、店舗核にデジタル攻勢 米コンビニ買収

2020/8/3 22:30 (2020/8/4 5:31更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスが米3位のコンビニエンスストアの買収を決めた。インターネット通販が普及する中で、210億ドル(約2兆2千億円)という巨費を投じて店舗網を充実させるのは、新型コロナウイルスの感染拡大で商品を受け取る「拠点」としての価値が見直されていることがある。

「コンビニを軸としたグローバルリテーラーの一歩を踏み出す」。3日の会見で井阪隆一社長は興奮を隠さなかった。

セブン&アイが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]