/

前ローマ教皇が体調不良 帯状疱疹と報道

【ローマ=共同】ロイター通信などによるとドイツ紙は3日、前ローマ教皇ベネディクト16世(93)が帯状疱疹(ほうしん)の症状で体調不良に陥っていると報じた。前教皇は6月、病床の兄を見舞うため母国のドイツを数日間訪問したが、その後体調を崩したという。

前ローマ教皇のベネディクト16世(6月22日、ミュンヘン空港)=ロイター

最近面会した人物によると、前教皇は楽観的な様子だったが、衰弱し声が聞きづらかったという。前教皇の兄は見舞いを受けた後、死去した。

ベネディクト16世は2013年に高齢を理由に存命中の教皇として約600年ぶりに退位し、バチカンで暮らしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン