/

JALとANA、最終損益は計2千億円赤字、4~6月

日本航空(JAL)は3日、2020年4~6月期の連結最終損益(国際会計基準)が937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)だったと発表した。新型コロナウイルスの影響で乗客数が急減した。決算を発表済みのANAホールディングスと合わせると航空2社の最終損益は計2000億円の赤字だった。

JALは今期から国際会計基準を適用した。売上高にあたる売上収益が78%減の763億円、本業のもうけであるEBIT(利払い・税引き前損益)が1310億円の赤字(前年同期は199億円の黒字)だった。

業績予想は開示しなかったが、需要回復のシナリオを示した。21年3月の需要が新型コロナ前と比較して国際線で5割、国内線で8割に回復すれば「新型コロナが本格化して以降、21年3月に初めて単月ベースで黒字化を目指せる」(JALの菊山英樹取締役)。

追加のコスト削減を実施する考えも明かした。4~6月期は人件費や広告宣伝費などの固定費削減と、運航便数に連動する変動費の減少で計1250億円を削減した。削減額を上積みし、固定費は年間で当初想定比1.5倍の900億円を減らす。設備投資は計800億円の抑制を目指す。

ANAホールディングスもコスト削減を急いでおり、社員の一時帰休の継続や機体整備などで外注していた業務を内製化する方針を打ち出している。これらの追加コスト削減で、21年3月期で計2550億円のコストを減らす計画だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン