中国、自縄自縛のネット統制 米国の排除招く

2020/8/3 22:00 (2020/8/4 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔、上海=松田直樹】中国のネット大手が、世界で人気の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業などの売却交渉に追い込まれた。トランプ米政権による排除が原因だが、中国が個人情報取得などでネット事業者への統制を強めていることが跳ね返った形だ。米中の分断が加速するのは確実だ。

トランプ氏が排除を進めるのは、中国のネット大手、北京字節跳動科技(バイトダンス)が手掛けるティ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]