/

この記事は会員限定です

中国、自縄自縛のネット統制 米国の排除招く

(更新) [有料会員限定]

【北京=多部田俊輔、上海=松田直樹】中国のネット大手が、世界で人気の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業などの売却交渉に追い込まれた。トランプ米政権による排除が原因だが、中国が個人情報取得などでネット事業者への統制を強めていることが跳ね返った形だ。米中の分断が加速するのは確実だ。

トランプ氏が排除を進めるのは、中国のネット大手、北京字節跳動科技(バイトダンス)が手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン