大豊産業、ドローンで工場の保守点検 情報一元管理
ソフト開発企業に出資

2020/8/3 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気・土木などインフラ関連事業を手掛ける大豊産業(高松市)は、工場の保守点検事業にドローンを活用して省力化を進める。カメラ搭載のドローンで煙突や屋上など設備の消耗度合いなどを撮影し、データ化して集約。画像分析に強みをもつ東京のドローンのソフト開発企業に出資し、その技術を活用する。整備技術者の高齢化が進む中、遠隔で管理できる体制作りを急ぐ。

大豊産業は送電線などインフラ整備で使う機器の販売に加え、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]