/

技研製作所、オランダの新工場稼働 欧州を開拓

建設機械開発の技研製作所は3日、グループ企業である技研ヨーロッパのオランダ本社に建設してきた機械の保守・整備新工場と事務所棟が完成し、稼働を始めたと発表した。新工場の建築面積は隣接する既存工場の1.8倍。土木の基礎工事で使うくい圧入機の大型化に対応し欧州市場を開拓する。

新工場(建築面積2811平方メートル)と事務所棟(2階建て、延べ床面積611平方メートル)で、7月30日から稼働を始めた。総投資額は11億円。新工場は大型機の整備に対応できるよう最大30トンの荷重に耐え、高さ10メートルまで物を持ち上げる能力を持つクレーン3基を配備する。既存工場は最大14.7トンの荷重、持ち上げる高さは7メートルまでだった。

欧州市場への機械部品供給も新工場で一元管理。結果、スペアパーツの在庫管理が容易になり、供給スピードを早める。

事務所棟は研修施設を備える。現地技術者や社員に機械操作やメンテナンス技術、営業手法などの講習会を開く。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン