洗車水向け浄化装置、魚介養殖に応用 島根の制電工業

2020/8/3 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

配電盤製造の制電工業(島根県出雲市)は車の洗車水のリサイクルに使う水浄化装置を魚介類の養殖向けに応用する研究を始めた。自社で開発した同装置はプラズマとオゾンを利用して水をきれいにする仕組み。処理の過程で水中の酸素を増やすことが可能で、まずは県特産のシジミで飼育実験を開始した。2~3年後の実用化を目指す。

同装置は2007年に開発した「ウォーターロボコン」。最大の特徴は、水面に1万ボルト以上の高電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]