[社説]セブン&アイ巨額買収に見る流通の未来

2020/8/3 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスが米国のコンビニエンスストアを約2兆2000億円で買収する。日本の流通産業でのM&A(合併・買収)としては過去最大で、同業界が新たな段階に入ったことを意味する。

買収するのは米国のコンビニでは3位のスピードウェイ。セブン&アイ傘下の米セブン―イレブンは約9千店を展開し、スピードウェイの買収で成長する北米市場での基盤は盤石になるという。

国内市場とリアル店舗だけで勝負…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]