スズキの4~6月期、営業利益98%減 インドで苦戦

2020/8/3 18:40
保存
共有
印刷
その他

スズキが3日発表した2020年4~6月期の連結業績は営業利益が前年同期を98%下回る12億円だった。売上高が5割減ったが、黒字は維持した。新型コロナウイルスの影響で主力のインドで新車販売が激減したが、営業活動などの経費を大幅に抑えたためだ。銀行から4000億円を借り入れ手元資金を厚くして、体力を確保した。

「総括として、新型コロナの感染拡大の影響が大きかったことに尽きる。インドの感染者も毎日5万…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]