雇調金の特例措置、延長を検討 自民・岸田氏

2020/8/3 19:00
保存
共有
印刷
その他

自民党の岸田文雄政調会長は3日の記者会見で、雇用調整助成金の特例措置の期限延長を検討する考えを示した。新型コロナウイルス対策で2020年度第2次補正予算に盛った日額上限を1万5千円に引き上げる特例措置は9月末で切れる。

岸田氏は「雇調金の特例措置の延長などを考える必要がないかという問題意識を持ちながら状況の推移を見守る」と語った。他にも延長などが必要な対策がないかを点検すると主張した。

雇調金を巡っては、公明党が対象期間の速やかな延長を政府に求めている。同党の斉藤鉄夫幹事長は7月31日の記者会見で「期間を延長し、十分な期間を確保することが雇用を維持する上で非常に大切だ」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]