9/28 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: キオクシア、上場延期へ 米のファーウェイ規制影響[有料会員限定]
  2. 2位: 大還元後のマクセルHD、ROE改善のカギは回転率[有料会員限定]
  3. 3位: まぐまぐ、サブスクで上場 脱メルマガ広告で再建[有料会員限定]
  4. 4位: 確定拠出年金のコロナ耐久力[有料会員限定]
  5. 5位: 市場で浮上する「民主党完勝」への期待(NY特急便)[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,220,193億円
  • 東証2部 67,535億円
  • ジャスダック 97,001億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.65倍24.95倍
株式益回り5.08%4.00%
配当利回り1.92% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

スクランブル

フォローする

「ロビンフッダー」見参 米若者、ソニー・任天堂に的
証券部 二瓶悟

2020/8/3 18:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

8月最初の取引日となった3日、日経平均株価は7営業日ぶりに反発した。8月は外国人投資家の休暇入りで夏枯れの波乱相場になりやすいが、今年はやや様相が異なるかもしれない。台風の目は「ロビンフッダー」。手数料ゼロの米国ネット証券ロビンフッドから株式市場になだれ込んだ同国のミレニアル世代の個人投資家だ。将来は日本株の有力な買い手になる可能性を秘めている。

「意外に取引が多い」。ある外資系証券のトレーダー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム