/

この記事は会員限定です

ワイン用ブドウをAI栽培、調和技研が北海道で実証

[有料会員限定]

人工知能(AI)スタートアップの調和技研(札幌市)は北海道余市町で醸造ブドウの栽培を始めた。ドローンの空撮画像からブドウの育成度合いを遠隔管理し、ベテラン農家の知見を学習させたAIが収穫時期や手入れ法を決める。経験が物を言う栽培ノウハウをAIで伝承する試みだ。

6月に余市町で3ヘクタールの土地を確保し、ブドウを植樹した。衛星画像やドローンの空撮を使い、ブドウの葉の色づきや花の開花、果実が育つまでの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン