/

サムスン、中国PC工場閉鎖 ベトナムへ移管検討

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が中国江蘇省にあるパソコン工場を閉鎖する。8月にも生産を終了し、一部施設をパソコンの研究開発拠点に転換する。人件費高騰などを背景に中国でのパソコン生産から撤退し、ベトナムの既存工場への移管を検討する。

この工場を運営する蘇州三星電子電脳は2002年に設立された。パソコンの組み立て工程を担い、主に韓国や北米、中国で販売してきた。サムスンは工場閉鎖について「競争力を勘案して決めた」と説明している。

7月末に従業員向け説明会を開き、生産停止と人員削減の概要を報告した。韓国メディアによると、従業員数は最盛期に6500人いたものの、現在は1700人程度まで減っていたという。

米ガートナーによると、19年の世界パソコン出荷台数は前年比0.6%増の2億6123万台だった。首位は中国レノボ・グループ(24.1%)で2位は米HP(22.2%)。以下、米デル、米アップル、台湾宏碁(エイサー)、台湾華碩電脳(エイスース)と続く。サムスンは下位に甘んじ、シェアは数%程度とみられ、劣勢が続く。

部品を買い集めて組み立てるコモディティー(汎用)商品のパソコンは市場占有率が収益に直結する。上位寡占が続くため、日本勢も相次ぎ撤退を決めてきた。サムスンは生産移転などでコストを削減し、パソコン事業を継続する方針だ。

サムスンは19年末までに、中国に3カ所あったスマートフォンの組み立て工場もすべて稼働を中止し、ベトナムの自社工場や外部委託に切り替えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン