/

この記事は会員限定です

早場米、6年ぶり下落 買い取り価格 宮崎産4%安

[有料会員限定]

通常のコメより早く出回る2020年産早場米の出荷が最盛期を迎えた。主産地の宮崎県では地元農協が農家から買い取る金額は19年産に比べ1俵(60キログラム)あたり600円(4%)安く、6年ぶりに下落した。外食など業務用需要が減り在庫がだぶつくなか、買い取り価格を抑えざるを得なくなった。今後、他産地での取引や店頭の価格にも影響しそうだ。

早場米は、本州や北海道より1~2カ月早く収穫できる九州南部や四国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン