[FT]コダック支援で「郷愁」捨てられぬ米政府

FT
2020/8/3 16:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1960年代の米ニューヨークの広告業界を描いた米人気テレビドラマ「マッドメン」の名場面の一つは、主人公で広告代理店幹部のドン・ドレイパーが米イーストマン・コダックの新製品スライド映写機についてプレゼンテーションをするシーンだ。ドラマの舞台は技術革新の波が起きていた1960年代前半。コダック幹部は回転式プロジェクターが消費者には「心躍らせるテクノロジー」に見えないのではと心配していた。

「テクノロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]