/

静岡の三島信金、観光遺産ファンドに出資

三島信用金庫(静岡県三島市)は地域経済活性化支援機構(REVIC)など官民で設立した「観光遺産産業化ファンド」に出資する。信用金庫が出資するのは初めて。県東部や伊豆地域の観光資源の創出を支援する狙い。出資額は非公表。

同ファンドは、自然遺産や文化遺産を日本の魅力を伝える観光資源として活用するため、出資や経営への直接参画といった長期的な支援をおこなう。2019年6月設立で、総額は30億円。ゆうちょ銀行、横浜銀行、静岡銀行なども出資している。JR東日本日本航空東武鉄道など9社が地域資源の産業化に向け連携する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン