東京都内で新たに258人感染 7日連続200人超

2020/8/3 15:08 (2020/8/4 5:03更新)
保存
共有
印刷
その他

東京都は3日、新型コロナウイルスの感染者が新たに258人確認されたと発表した。1日当たりの新規感染として7日連続で200人を超えた。都内の感染者は累計1万3713人。死者は1人増えて累計333人。重症者数は15人で2日時点から変わっていない。

新規感染者のうち、20代の110人と30代の60人で約66%を占めた。40代と50代は計53人で2割に上り、60代以上は計23人、10代以下は計12人と年代に広がりがある。

感染経路が多様化しており、家庭内での感染が「夜の繁華街」関連での感染を上回る日も目立ってきている。

感染者の急増を受け、都は3~31日まで都内全域の飲酒を伴う飲食店とカラオケ店を対象に、午後10時までの営業時間の短縮要請を行っている。

小池百合子知事は3日、短縮要請を開始するに当たり「会食などを通じた感染の広がりが見られ、事業者や利用者には協力をお願いしたい」と語った。

都内では友人や職場の会食による感染者も増加しており、小池氏は「時間を区切らせてもらう」と説明。事業者に感染防止対策を実施している店舗や事業所用の認証ステッカーの掲示を求め、利用者には対象の店を選ぶよう呼び掛けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]