東京・大田と川崎の中小16社、消毒液スタンド共同開発

2020/8/3 14:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都大田区と川崎市の中小製造業者16社が連携し、足踏み式の消毒液スタンド「ステップオン」を共同開発した。ペダルを踏み、ノズルに触れずに手指をアルコール消毒できる。公共施設、金融機関などの需要を見込む。

共同開発したのは玉川パイプ(大田区)、丸和鋼材店(同)、今野工業(川崎市)など金属、樹脂、メッキの加工業者と印刷業者。

公共空間になじ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]