伊方原発、定検再開へ 愛媛知事が安全7項目要望

2020/8/3 13:10
保存
共有
印刷
その他

愛媛県の中村時広知事は3日、トラブルが相次いだため定期検査を中断中の四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)について、安全対策など7項目の徹底を条件に、定検再開を容認する意向を同社に伝えた。四国電力の長井啓介社長と同日、県庁で面会し、要望書を手渡した。

四国電力の長井社長(左)に要望書を手渡す愛媛県の中村知事(3日、県庁)

長井社長は、具体的な日程調整はこれからとした上で、準備が整った作業から順次再開する方針を示した。

また、四国電は経営責任として、長井社長ら5人の8月分役員報酬を、それぞれ10~20%自主返納すると発表した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]