/

この記事は会員限定です

小泉環境相は「風穴」を開けたか エネルギー政策の壁

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

小泉進次郎が環境相に抜てきされてもうすぐ1年。「党内野党」的な自在な発信は封じられ、政策の手腕に嫉妬交じりの厳しい視線が集中する。初陣の2009年衆院選で世襲と自民党への二重の逆風にあえいで以来の「10年に1度の試練だ」とうめく場面もあった。脱炭素化の世界の潮流に棹(さお)さそうとすると、経済産業省主導のエネルギー政策の厚い壁が待っていた。果たして「風穴」を開けられたのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン