/

この記事は会員限定です

ソニー、好調の画像センサーに潜むファーウェイリスク

(更新) [有料会員限定]

ソニーが主力事業の画像センサーで米中ハイテク摩擦のリスクに直面している。米国が5月に中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に決めた制裁の余波で、同社に供給する画像センサーの取引が縮小する可能性が強まった。ファーウェイ向けに仕様を合わせた特注品は利益率も高く、業績にも影響しかねない。日本企業が抱える米中リスクが顕在化してきた。

「すぐに売り先は変えられない」

「野菜を売っているわけじゃないから、すぐに売り先は変えられない」。ソニー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や企業の隠れた思惑を、知られざるエピソードやデータに基づき、実際に現場で取材している記者ならではの視点で掘り起こすコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン