パラリンピック進化形

フォローする

東京パラも競技日程・会場維持 8月24日開幕、13日間

2020/8/3 11:07 (2020/8/3 12:25更新)
保存
共有
印刷
その他

8月24日から9月5日までの13日間で22競技539種目を実施する

8月24日から9月5日までの13日間で22競技539種目を実施する

2021年に延期された東京パラリンピックの詳細な競技日程と会場が3日、発表された。五輪と同じように延期前の計画を維持し、日程は日付を1日ずつ前倒しして8月24日に開会式が行われ、9月5日の閉会式までの13日間で22競技539種目を実施する。

【関連記事】
2021年東京パラリンピックの決勝スケジュール

従来計画と同じ会場を使用できることとなり、変更点は試合時間や実施順の微調整にとどまった。マラソンなど一部の競技で暑さ対策のため開始時間を早める対策も踏襲。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は会場を満員にする「フルスタジアム」を目指してきたが、五輪と同様、収束が見通せない新型コロナウイルスへの対策が課題だ。

大会運営を統括する中村英正ゲームズ・デリバリー・オフィサーは3日の記者会見で、大会に向けた新型コロナ対策に言及し「競技時間だけでなく、選手同士の距離の取り方を含めて変更が出てくると思うのでいずれ反映させたい」と話した。

開閉会式はいずれも午後8時からで、競技は8月25日の東京アクアティクスセンター(東京・江東)で行われる競泳などで始まる。金メダル第1号は、同日の自転車女子3000メートルパシュート(運動機能障害C1~3)で誕生する。販売済みのチケットは有効で、希望者には今秋以降の払い戻しに応じる。

人気競技が散らばった日程となり、日本勢のメダル獲得にも期待がかかる。序盤の8月27日には、世界記録を持つ佐藤友祈選手(WORLD-AC)の陸上男子400メートル(車いすT52)のほか、16年リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得した木村敬一選手(東京ガス)の競泳男子50メートル自由形(視覚障害S11)などが続く。

大会期間中で最多の63種目で金メダルが決まる同29日の「ゴールデンサンデー」は、18年の世界選手権で日本が優勝した車いすラグビーの決勝が控える。最終日の9月5日は東京の中心部を走る男女のマラソンなどが行われ、世界的に人気の高い車いすバスケットボールの男子決勝で締めくくられる。

パラリンピック進化形をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

パラリンピック進化形 一覧

フォローする


 日本生命保険は、車いすバスケットボールを中心としたパラスポーツの観戦会を定期的に開催している。5年間で延べ約2万人の職員が参加。2017年4月には日本車いすバスケットボール連盟の公式パートナーとなり …続き (8/25)

=共同共同

 延期された東京パラリンピックの開幕まで1年となった24日、陸上と競泳の両国内競技団体で、本年度はスポンサー企業からの協賛金収入がともに約1300万円の大幅減となることが関係者への取材で分かった。金メ …続き (8/25)

丸井グループがつくった専用ピッチで練習する日本代表の選手たち(7月、東京都小平市)=日本ブラインドサッカー協会提供日本ブラインドサッカー協会提供


 流浪の民が、ようやくついのすみかを手に入れた。ブラインド(5人制)サッカーの専用ピッチが6月、東京都小平市に完成した。各地の施設を転々としながら合宿をしてきた日本代表にとっては、初の専用練習場。提供 …続き (8/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]