日揮、イラク製油所設備を4000億円で受注 復興を支援

2020/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日揮ホールディングス(HD)はイラク最大級の製油所の近代化プロジェクトを約4000億円で受注した。国際協力機構(JICA)が同額の円借款を提供し、日揮HDは設計や建設などを請け負う。原油精製の設備を増設し、ガソリンや軽油などの生産量を約3倍に高める。2003年に起きたイラク戦争後の日本の復興支援としては過去最大の規模となる。

財務省の貿易統計によると、19年の日本の原油輸入量に占めるイラクの比率…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]