ワクチン争奪 世界が巨費 米1兆円、取り残される途上国

2020/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、各国がワクチン必要量を確保する動きが活発化している。大国が巨費を投じて供給量を押さえる一方で、途上国はワクチン調達で出遅れが目立つ。早期の経済活動の正常化にワクチンは欠かせないだけに、先進国と途上国の間で調達格差が広がれば、今後深刻な対立につながる可能性もある。

米ファイザーと独ビオンテックは7月31日、日本で来年6月末までに1億2000万回分…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]