コロナ10分で判定 キヤノン系、検査システム9月発売

2020/8/3 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キヤノンメディカルシステムズは新型コロナウイルスの感染の有無を唾液などから短時間で検査できるシステムを9月に発売する。「ランプ法」と呼ばれる手法を使い、前処理した検体から約10分で陽性かどうか判定できる。主流のPCR検査に比べて時間を短縮できるほか、導入コストも抑えられるという。空港など即日検査が必要なケースでの需要も見込む。

ランプ法は新型コロナの検査手法の一つで、遺伝子を一定の温度で早く増幅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]