/

この記事は会員限定です

中国ハゲタカ第2幕 外資が不良債権に食指

NIKKEI Financialから

[有料会員限定]

中国で不良債権問題が再燃しつつある。新型コロナウイルス対策で金融当局が積極的な融資を銀行に指示した結果、焦げ付きの大幅増が確実なためだ。中国でもハゲタカと呼ばれる外資系ファンドが食指を動かす。資本が欲しい当局も容認、中国が不良債権投資の最前線となっている。

 金融エグゼクティブのための新しいデジタルメディア「NIKKEI Financial」試用版がスタートしました。金融庁やフィンテック、グローバル金融の深掘り記事やキーパーソンの寄稿やインタビューをお届けします。試用版の提供期間中は無料で購読できます。記事はNIKKEI Financial(https://financial.nikkei.com)に登録すると全文が読めます。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン