/

この記事は会員限定です

カゴメ、野菜ジュース工場刷新 86億円投じ能力2割増

(更新) [有料会員限定]

カゴメは長野県の野菜ジュースの基幹工場を刷新する。86億円を投じて自動搬送機や高速充填機を導入し、2021年10月の稼働を目指す。自動化設備の活用で従業員1人当たりの生産性は2倍に高まり、同社の野菜ジュースの生産能力は2割向上する見通し。新型コロナウイルスによる在宅需要や健康志向の高まりを受けて旺盛な野菜ジュースの需要を取り込む。

「野菜生活」などを生産する富士見工場(長野県富士見町)の敷地内に新棟を建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン