/

河川管理見直しに言及 菅氏「地方分権でよかったのか」

菅義偉官房長官は2日のNHK番組で、7月の豪雨を受け、河川管理のあり方を見直すべきだとの考えを示した。「(豪雨では)本流に来る前の支流で洪水が多く発生した」と指摘した。支流の多くは地方自治体が管理者だと説明したうえで「地方分権でよかったのかどうかも含めて検討する必要がある」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン