アーム再編へ2つの選択肢 ソフトバンクG、IPOか連合か

2020/8/1 23:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループが傘下の英半導体設計大手アーム再編を巡り、米半導体大手エヌビディアと交渉に入った。エヌビディアとアームが連合すれば、ソフトバンクGはより強固な半導体企業の株主になれる可能性がある。一方、以前からの方針だった数年後の新規株式公開(IPO)も検討を続ける。両にらみでアームの針路を探る。

ソフトバンクGは自社株買いや財務改善のため4.5兆円の資産売却を進めており、すでに米通信Tモバ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]