シェール再始動、米原油に底入れの兆し 再編加速も

環境エネ・素材
北米
2020/8/1 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米国で原油生産に底入れの兆しが出てきた。原油先物指標のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)が1バレル40ドル近辺まで回復してきたことで、優良鉱区を持つシェール企業が生産再開に動き始めた。ただ、米国の国内在庫はなお高水準にあり、シェール業界の優勝劣敗が鮮明になりつつある。

米エネルギー情報局(EIA)が7月29日に発表した24日時点の米原油生産量は日量110…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]