建設熟練工の技能データ化 官民で1万人を分析

経済
2020/8/1 20:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設業の熟練工の仕事ぶりをデータ化し、技能を継承する官民の取り組みが8月中に始まる。延べ約1万人分の作業内容を映像などで記録し、経験が浅くても効率よく学べる環境を整える。全体の技能を底上げし、建設現場の生産性を引き上げることをめざす。

熟練工の仕事ぶりのデータは国が発注する公共事業の現場で集める。延べ7200~9600人分の作業を撮影する。熟練工の動きだけでなく工事全体の流れ、地形などもデータ化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]