/

この記事は会員限定です

[社説]李登輝氏が残した貴重な遺産

[有料会員限定]

台湾を自立した民主的な政治体制に導いた元総統、李登輝氏が97歳で亡くなった。「台湾民主化の父」が残した遺産は貴重である。一方、複雑な中台関係、国際政治も踏まえ、それを継承するには相当な努力と手腕が必要になる。

民主進歩党(民進党)出身の総統として2期目の蔡英文氏にとって国民党を率いた李氏は政治の師だ。気鋭の政治学者だった蔡氏は李氏をブレーンとして支えた。

台湾の戦後政治は国民党とともに中国本土から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン