就活イベントをオンライン開催 経団連、通年採用拡大へ

新型コロナ
経済
2020/8/1 17:00
保存
共有
印刷
その他

日立製作所は夏以降も採用機会を設けている

日立製作所は夏以降も採用機会を設けている

経団連は1日、初の就職活動イベント「産学共同ジョブ・フェア」をオンラインで開催した。三菱商事や野村証券など63社・団体が参加し、企業説明会や学生との座談会を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大により、今春の就活スケジュールは混乱が生じた。夏以降も採用機会を設ける企業を集め、実質的な通年採用の拡大につなげる。

全国の大学生や大学院生、短大生など約1500人が参加登録した。学生が専用サイト上で企業を選び、指定の時間にアクセスした。2日も一部の企業が開催する。既に内定を出した企業も多いが、追加でエントリーを受け付けて選考をする。

日立製作所には学生から「若いうちから海外勤務する人に必要な素養は」「テレワークは推進するのか」といった質問が次々と出てきた。今回参加できなかった学生もエントリーは可能で、ウェブでの集団面接や個別面接に進んでいく。

2020年はコロナの影響を受け、留学が中止となって急に日本で就活をすることになった学生もいる。春に集中した一括採用では「学業の事情を考慮せずエントリーすら締め切られた」という学生の声もあった。さらに航空大手2社が21年春入社の採用活動を中止したため、これから他の業界の選考に臨むという学生もいる。

経団連の中西宏明会長は「春しかチャンスがないのはおかしい」と繰り返し主張してきた。新型コロナは大きな混乱をもたらしたが、経団連としては独特な就活が変わるきっかけになることを期待している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]