惨状語る「被爆樹木」 広島・長崎、調査や保存に力
戦後75年

九州・沖縄
中国
広島
長崎
2020/8/1 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島市と長崎市で、被爆の傷痕を残して悲惨さを現代に伝える「被爆樹木」の保存が課題となっている。学校の課外学習などでも活用されてきた被爆樹木は戦後75年がたち、枯れたり弱ったりするケースも目立つ。両市が調査を始めた1990年代と比べて約1割減少。原爆の記憶の風化を防ごうと、樹木の保全活動や絵本で伝える取り組みも進んでいる。

「原爆投下後は『草木も生えない』と言われた中、焼け焦げたイチョウは今も元気…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]