東大と三菱ケミ、持続可能社会とビジネスの両立研究

経済
環境エネ・素材
2020/8/1 19:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京大学と三菱ケミカルは、リサイクルや気候変動対策による持続可能な社会の実現と企業活動の両立に向けた研究で組む。プラスチックの再利用や温暖化ガス削減で優れた技術を持つ企業が、どのようなビジネスモデルを示せるかを探る。2021年1月にスイスで開かれるダボス会議での成果発表をめざす。

現在はコスト高で十分に商用水準になっていない環境技術が、ビジネスとしても成功できるようになるといった持続可能な社会へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]