菅氏「重症者・病床数を注視」 宣言再発令は否定

政治
2020/8/1 13:00
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は1日の読売テレビ番組で、新型コロナウイルスの新規感染者の急増を踏まえた緊急事態宣言の再発令に関し「現時点ではその段階ではない」と重ねて否定した。「一番注視しているのは重症者や病床数の推移だ」との認識を示した。

感染拡大に対応する新型インフルエンザ対策特別措置法の改正に関しては「まだ何をどう変えるか理解されておらず、簡単に改正できない。時間はかかる」と語った。

西村康稔経済財政・再生相は同日の記者会見で、県をまたぐ移動について、専門家らによる新型コロナ分科会で近く議論する見通しも明らかにした。お盆休みで帰省する人が増えることが予想される中「当然、足元の感染状況をみながら意見をもらうことになる」と語った。

当面の対策については「エリアや業種を絞った対策をとることが基本的な方向性だ」と述べた。各自治体が一部繁華街の飲食店などに営業時間の短縮を要請することに関しては「様々な支援をしたい」と後押しする考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]