/

この記事は会員限定です

所得保障「社会の安定回復」 ロンドン大教授に聞く

[有料会員限定]

先進国の一部でベーシックインカム(最低所得保障)などの所得保障政策の導入論が勢いづいている。推進派の論客である英ロンドン大のガイ・スタンディング教授に効果や問題点について聞いた。

――新型コロナウイルスの感染拡大で、ベーシックインカムなど恒久的な所得保障を求める声が強まっています。

「コロナ前から所得格差の拡大や家計の債務の増加、それに伴うストレスなどで常に不安定な状態となった市民は増加していた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン