梅雨明け、熱中症に警戒 コロナで外出減り暑さ慣れず

2020/8/1 10:31
保存
共有
印刷
その他

各地で梅雨が明けて暑さが本格化するなか、熱中症患者が急増する危険性が高まっている。今年は長梅雨や新型コロナウイルスの感染防止で外出を控えた結果、暑さに慣れなかったり、体力が低下したりした人も多いとみられる。高齢者は重症化リスクが高く、医師らは冷房利用やこまめな水分補給を呼びかける。

「ステイホームで暑さに慣れないまま夏が来た」。熱中症に詳しい中京大の松本孝朗教授(環境生理学)は危機感を強める。例…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]