/

コロナ入院患者が温泉へ 埼玉、無許可で外出

埼玉県は31日、新型コロナウイルスに感染し入院していた春日部市の40代男性が退院の許可を得ないまま外出し、川越市の温泉施設を訪れていたと発表した。男性は県警に保護され、病院に戻っている。外出先での濃厚接触者は確認されていないという。

県によると、男性は7月13日に発熱、16日に陽性と判明し、羽生総合病院(羽生市)に入院。重度の肺炎だったが何度も外出しようとし、30日午後10時ごろ病棟の鍵を破壊。タクシーで帰宅し、自家用車に乗り立ち去った。

31日未明、病院から連絡を受けた家族が県警に行方不明者届を提出した。同日午前10時ごろ、県警の捜査員が川越市の「小江戸はつかり温泉川越店」の駐車場で車を発見し、男性を保護した。

男性は三郷市内の勤務先にも立ち寄っており「仕事をしないと業績悪化の恐れがあった。温泉施設に行ったのはシャワーを浴びるため」と説明。県の担当者は「重大な事態だ。入院に協力しない場合、感染症法に基づき強制入院させる場合もある」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン