米美術館3割が閉館の危機 コロナ長期化、収蔵品売却も

北米
2020/8/1 1:48 (2020/8/1 8:50更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=西邨紘子】米国で美術館や博物館など文化施設の経営悪化が深刻になっている。米国の美術館は8割がNPOで、入館料や寄付金が運営資金の柱だ。新型コロナウイルスで収入源を絶たれ、恒久的な閉館や収蔵品の売却を迫られる恐れが出ている。

「状況は非常に厳しい」。ペンシルベニア州フィラデルフィアの科学博物館、フランクリン・インスティチュートのアビゲイル・ビシ事業開発副局長は明かす。

■相次ぐ人員削

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]