WTO、事務局長代行を選出できず 9月以降トップ不在

2020/8/1 1:31
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界貿易機関(WTO)は31日の一般理事会で、アゼベド事務局長が8月末で退任した後の事務局長代行の選出について協議した。米国や中国の意見が折り合わず、合意に至らなかった。新事務局長の選出を目指している11月上旬まで、2カ月以上はトップが不在になる見通しとなった。

事務局長代行は米国、中国、ナイジェリア、ドイツ出身の4人の事務局次長から選ぶことになっている。WTO関係者に…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]