/

FCAの4~6月、1300億円の赤字 コロナで販売6割減

【フランクフルト=深尾幸生】欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が31日発表した2020年4~6月期の決算は、最終損益が10億4800万ユーロ(約1300億円)の赤字だった。前年同期は46億5200万ユーロの黒字。新型コロナウイルスの影響で新車販売台数が半分以下に落ち込んだことが響いた。

FCAの米国の工場はコロナ前の生産水準を回復した=ロイター

売上高は56%減の117億700万ユーロ。期中の新車販売台数は42万4千台と63%減った。経営の指標としている調整後のEBIT(利払い・税引き前損益)は9億2800万ユーロの赤字に転落した。

これまで利益のほとんどを稼いできた北米は、販売台数が62%減ったにもかかわらず調整後EBITで3900万ユーロの黒字をかろうじて確保した。EMEA(欧州・中東・アフリカ)は5億8900万ユーロの赤字で、アジア大洋州と南米も赤字だった。

四半期ベースでの最終赤字は1~3月期(16億9400万ユーロの赤字)に続いて2期連続。設備投資やマーケティング費用の削減が効いて赤字幅は縮小した。

通期の見通しについては5月同様、示せないとした。マイケル・マンリー最高経営責任者(CEO)は電話会見で「年後半は前半よりもずっと良くなる」と強調した。北米では工場の稼働率がコロナ前の水準を回復したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン