在宅勤務先駆けのGMO、仕事の効率化でアイデア続々

2020/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの国内感染者がまだ数えるほどだった1月下旬、IT(情報技術)企業のGMOインターネットはいち早くグループ全体で在宅勤務に移行した。働き方が大きく変わるニューノーマル(新常態)の下、現場からはチャットやビデオ会議の活用法など、仕事を効率化する様々なアイデアが生まれた。一方で対面の減少を補う工夫がこれからの課題だ。

「在宅勤務だと1人の作業に集中しやすい。一方、チームでの仕事の進め…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]