/

この記事は会員限定です

中国・映画館、4割「廃業」リスク 半年ぶり再開も苦境

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸、広州=比奈田悠佑】新型コロナウイルスの影響で封鎖していた中国の映画館が、半年ぶりに再開した。旺盛な消費意欲をテコにした急拡大から一転、封鎖で市場は9割減り、4割は廃業リスクを抱える。ネット動画への客流出も追い打ちをかけ、年内に世界最大市場になる夢が消えかけている。

「ようやく再開したけど、お客さんは少ないままだよ」。中国南部、広東省広州市。7月下旬に再開した大連万達集団(ワンダ・グ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン