/

この記事は会員限定です

日経42種、20カ月連続で低下 下落圧力なお強く

[有料会員限定]

景気動向に敏感な資材や燃料の企業間取引価格をもとに算出した日経商品指数42種(1970年=100)は7月末値が168.482となり、前年同月比10.821ポイント(6.0%)低下した。前年比での低下は20カ月連続。コロナ禍に伴う急激な需要の落ち込みは和らいできたものの、先行きの不透明感は強い。

分類別では、化学が11.1%低下した。代表的な合成樹脂のポリエチレンやポリプロピレンなどが値下がりした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン