伊方原発の定検再開は「条件付き」 愛媛知事

2020/7/31 20:17
保存
共有
印刷
その他

愛媛県の中村時広知事は31日、四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)で1月にトラブルが相次いだことで中断中の定期検査について、条件付きで再開を認める方針を明らかにした。四国電に対して、緊張感を持った対応の継続などを近日中に要望する。

高門・伊方町長(左)の報告を受ける中村・愛媛知事(31日、県庁)

伊方町の高門清彦町長が同日県庁を訪れ、「四国電の(再発防止策など)報告書を町としては理解する」と報告した。中村知事は「公の場で経営者としてどういう姿勢か、県民に約束してもらうのが重要だと思う」と述べ、近く四国電に申し入れを行うとした。

伊方原発3号機では定検中の1月にトラブルが続発。定検再開に向けて、地元理解が焦点となっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]